2014-01-03

クワンソウ

沖縄では睡眠薬のような使われ方をしている薬草にクワンソウという植物があります。ユリ科の植物で、ユリのような綺麗なオレンジ色の花をつけます。

正式な名称はアキノワスレソウというようです。ワスレナグサではありませんし、クワンソウと聞いて私はカンゾウが訛ったのかと思いましたが、たしかにノカンゾウ(野萱草)と同じ種類らしいですが、常緑のためにトキワカンゾウ(常葉萱草)とも呼ばれるようです。


このクワンソウが眠りを誘うということで、クワンソウを使った快眠を謳う商品が沖縄には沢山あります。私は使った事がないので効果は試していませんが、昔から沖縄では眠れない時に、クワンソウの葉を煎じて飲んでいたとのことで、沖縄の方言では、ニーブイグサ(眠り草)と呼ばれたとのこと。悩みを忘れてぐっすり眠れるようで、中国では憂いを忘れる草と呼ばれていたそうです。

そして、クワンソウは野菜としても食されます。葉はネギやニラの様にも見えますが、シャキシャキとした食感があります。でも、生で食べると下痢をすることもあるので、必ず火を通して食してくださいとのこと。いかにも薬草と言う気がしますね。

そう、先日根がついているクワンソウを野菜として買ってきました。根と言っても、実際には球根ではないかと思われる程太い根がついており、多分この部分も食べられるのではないかと思います。

根に栄養を蓄えているので植えれば新しく芽を出すに違いないと、夫は早速にクワンソウをプランターに植え込んでいました。


沖縄のクワンソウビジネスと夫の植えたクワンソウの将来はどうなるでしょう。もしも上手に育ち、花が咲いたら後日ご報告しますね。

眠りは重要ですので、夫が海外出張の際使用している睡眠導入剤のメラトニン(ホルモン)とクワンソウ(アミノ酸の一種オキシピタナミン)のどちらが効果があるか、いつか夫に試してもらおうかと思っています。

もっとも、眠りの質を高めるには私の施術の方が効果があるのでは、と密かに思ってはいるのですけれど・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿